国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院
  日本医療機能評価機構 認定病院  地域医療支援病院認定施設

0773-62-2510



一般外来受付時間/午前8:30~11:30  
休診日 /土曜・日曜・祝日(急患対応あり)

お問い合わせ

0773-62-2510

  • 外来受診される方
  • 入院される方お見舞いの方
  • 医療連携
  • 初期後期研修について
  • 病院見学希望の方

診療科・部門紹介

臨床工学科


ホーム > 診療科・部門紹介 > 臨床工学科

臨床工学科

ME/CEとは…!!

現在の医療は医療機器なくして成り立ちません。そのため医療機器を専門的に扱う資格が1988年から開始されました。それが臨床工学技士(ME:Medical Engineer)(CE:Clinical Engineer)です。
当院のMEは2016年12月現在で11名にて業務に従事しています。院内の様々な機器を扱っており、従事部門及びメンバーは【手術室:4名】・【透析室:3名】・【心臓カテーテル室:3名】・【院内ME:1名】にて対応しています。※2016年12月現在 従事している技士も様々な地域の学校から入職しています。
MEはまだ新しい資格です。学会認定資格も少ないですが、少しずつ専門性を持った資格取得に励んでいます。

認定資格

   
資格名 人数
透析技術認定士 3人
心血管インターベンション技師(ITE) 2人
3学会合同呼吸療法認定士 3人
不整脈治療専門臨床工学技士 1人
臨床ME専門認定士 1人
医療機器安全管理コミュニケータ(MDIC) 1人
体外循環技術認定技士 3人
 
出身校 人数
神戸総合医療専門学校 2名
神戸常盤大学(神戸常盤短大) 1名
大阪医専 2名
大阪ハイテクノロジー専門学校 1名
大阪電気通信大学 1名
広島国際大学 3名
東北文化学園大学(東北文化学園専門学校) 1名

透析室ME業務

機器管理


人工腎臓装置は高度管理医療機器に指定されており、日々の日常点検・始業前点検・使用中点検・終業点検は勿論の事、定期的な消耗部品の交換をはじめ、当該機器の精度・安全管理を積極的に行っています。

高度医療

水質管理

血液透析に使用される透析液は非常にクリーンなものが求められます。
当院では、専任の臨床工学技士が水質管理を担当し、安全・安心な透析液を提供しています。

高度医療

在宅透析


在宅透析は、医療施設の管理のもとに、 血液透析を自分のライフスタイルに合わせて、患者・介助者が家庭で透析を行う治療です。安心して在宅血液透析を行うために患者と介助者は、透析の知識・技術の習得が必要です。舞鶴共済病院では、患者さまのより良い透析ライフをめざして、医師、看護師、臨床工学技士などの当院スタッフが、在宅血液透析をサポートしています。

高度医療



症例件数

 

血液浄化関連機器

平成26年度 平成25年度
予定透析 16479件 15717件
在宅透析 3 名 3 名
CHDF 103件 255件
血漿交換・血漿吸着(PE・PA) 31件 46件
PMX 15件 71件
CART 2 10
LCAP 9件 14件
 

・血液透析装置(東レ:TR-3000MTR3000MA)
・血液透析濾過装置(東レ;TR7700S)
・特殊血液浄化機器(プラソートiQ、JUN55X、MA-03)

高度医療

心臓カテーテル室ME業務

日々進歩する医療現場において、高度機器は必要不可欠です。MEは心臓カテーテル室において高度医療機器を扱うスペシャリストであり、医学的知識と工学的知識を併せ持ち、生命維持装置を安全に使用できるようにサポートして、チーム医療の一端を担っています。


虚血 第一カテーテル室



主にCAG/PCI を行っています。

ME の業務は、1、清潔セカンド業務、2、ポリグラフ業務、3、IVUS 等の操作業務、4、デバイス等の管理
緊急時ではIABP、PCPS なども使用します。

GE社製アンギオ装置を使用し、DoseMap 機能で患者被爆の軽減に努めています。

高度医療



不整脈 第二カテーテル室



ME の業務は、1、清潔セカンド業務、2、ポリグラフ/Lab 等の操作業務、3、PM/ICD/CRT 等のデバイス操作、4、デバイス等の管理
緊急時ではIABP、PCPS なども使用します。

こちらもGE社製のアンギオ装置(バイプレーン)を使用しています。Chase DSA機能を使いEVTなども行っています。

高度医療

高度医療



症例件数

 

新カテーテル室 2014年10月 Start

検査・治療内容/年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
CAG(心臓カテーテル検査) 790件 855件 922件
PCI(経皮的冠動脈インターベンション) 277件 348件 357件

ABL(経皮的カテーテル心筋焼灼術) EPSを含む

112件 115件 109件
ペースメーカー移植術 22件 34件 36件
ペースメーカー交換術 22件 20件 27件
両室ペースメーカー移植術 9件 3件 10件
植込型除細動器移植術 1件 3件 5件
PTA(経皮的血管形成術) 62件 59件 101件
 
高度医療

院内ME業務


ME機器管理


人工呼吸器、患者監視装置、シリンジポンプ、低圧持続吸引器などはME 室にて中央管理を行っています。これらのME 機器は、使用後ME 室で終業点検や定期点検を行い、必要時にはいつでも使用できるよう修理・調整しています。
院内の各部署に常時配置されているME 機器(除細動器など)や使用中のME 機器(人工呼吸器やPCPS、IABP など)は、担当の臨床工学技士が使用場所にて保守・点検、操作を行っています。

高度医療


生命維持管理装置管理


人工呼吸療法をおこなっている患者様に対し、病棟ラウンドをおこなっています。また、除細動器の点検なども実施し、安心・安全な医療を提供できるよう努めています。

高度医療


人工呼吸器 9台、低圧持続吸引器 7台、PCPS 2台、NIPPV 11台、IABP 3台
各病棟での点検、シリンジポンプ 77台、保育器 5台、輸液ポンプ 90台、除細動器 16台、AED 4台

高度医療



年間点検台数
平成26年度
人工呼吸器 108件
PCPS 24件
IABP 36件
シリンジポンプ 308件
輸液ポンプ 360件
低圧持続吸引器 14件
除細動器 192件
自作機器管理ソフト作成

使用状況に応じその都度作り直したりしています。

手術室ME業務


人工心肺業務


心臓・大血管手術では、一時的に心臓と肺の機能を停止させる必要があります。そのため、私たち臨床工学技士が人工心肺装置を用いて心臓・肺の機能を代行し、全身の血液循環・ガス交換を行っています。
臨床工学技士が2 名以上携わり、人工心肺装置・心筋保護装置の操作を行い、医師・看護師と常に連携を取りながら、円滑かつ安全に手術が行われるように日夜業務に励んでいます。

高度医療


ステントグラフト


ハイブリッド手術室にて行われるステントグラフト内挿術(TEVAR/EVAR)において、臨床工学技士は機器に関連した使用・介助をおこなっています。
本術式において医師、看護師と協働しています。

高度医療


自己血回収装置


当院では、心臓外科・血管外科の手術に用いており、血液の有効利用に勤めています。また出血した自己血を濃縮・洗浄して使用するため、他家血の輸血量を減少することができ、輸血に伴う合併症も低減させることが可能となりました。

高度医療



症例件数

 

人工心肺装置

平成26年度 平成25年度
予定人工心肺 63件 65件
緊急人工心肺 21件 12件
予定血液再回収 92件 103件
緊急血液再回収 25件 25件
血小板採取 59件 66件
MAZE 12件 20件
幹細胞採取 10件 19件
 

高度医療

関連施設

すこやかの森は、家庭や地域との結びつきを大切に、介護を必要とするお年寄りの自立を支援し、家庭復帰を目指す施設です。

0773-62-2510

PAGE TOP